店長紹介 


 
創業は昭和37年。
店長の3代目老松です。


老松商店には、店長より知名度のある猫たちがおります。
猫たちの日々の様子はこちら・・・       






 






























 

未成年者へのお酒の販売は法律で禁止されています。

携帯ページ

HOME»  季節の味»  散らし寿し

散らし寿し

     

春です。店頭に飾った桃の花

散らし寿し

毎年3月3日は散し寿しを作り、ご近所・親戚に配ります。

今年は、具のかんぴょうの代わりに、自作の切干大根を入れました。

例年、絹さやときざみのりをトッピングするのですが、スーパーの店頭になかったので、

いただき物の青のり(天草産)を振りかけました。

青のりをかけた方が風味が良く、おいしくいただきました。

来年からは青のりにしようと思います。

老松商店の在る地域は、比較的甘めのすし飯です。

米:1升に対し   酢:1合(180ml)、砂糖:300g、塩:30g

御近所のKばあちゃんから教えていただいた、黄金比率です。

この割合で作ると、間違いなくおいしいすし飯ができます。

私は、合わせ酢は一度火にかけ、砂糖と塩を溶かしてからご飯に混ぜます。

その方がまろやかになるように感じます。

散らし寿しには亀萬にごり酒がおすすめです。