店長紹介 

   
        
創業は昭和37年。
店長の3代目老松です。老松商店は、西に東シナ海、東に有明海を望む、風光明媚な熊本県天草郡苓北町にあります。
天草発よかもん通販では、Made in 天草の商品を中心に販売致しております。贈りものとしてご利用の場合は、ラッピングコーディネーター講師の資格を有するスタッフが真心込めてお包みいたします。どうぞ、ご利用ください。

老松商店には、店長より知名度のある猫たちがおります。猫たちの日々の様子はこちら
  















 

未成年者へのお酒の販売は法律で禁止されています。

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park


ネットショップ検索

携帯ページ

HOME»  ラッピング???»  1本のびんを包む

1本のびんを包む

ボトルラッピングⅠ

ボトルの底にタックを寄せるラッピングです。

柔らかい包装紙がおすすめです。ラッピング例はクレープ紙を使用しています。

ボトルラッピングⅡ

ボトルの底に別紙を貼りつけるラッピングです。

ボトルラッピングⅠ・Ⅱ 上部(口)の始末

↙  ↘

   ②

折り返しは表でも裏でも良いと思います。また、合わせ目も同様に表であっても裏であっても良いと思います。

包装紙の上部をビンの高さ位にし、首にリボンを結びます。

この場合、紙の横幅は約10cm狭くします。

ボトルラッピングⅢ

ビンの幅の細長い包装紙2枚を使った簡単なラッピングです。

ラッピング例は、不織布とネットを2枚重ねして使用しました。

ボトルラッピングⅣ

不織布でも柔らかい紙でもラッピングできます。

ラベルを見せたい時のラッピングに最適です。

ボトルラッピングⅤ

不織布を使った少し華やかなラッピングです。

不織布の幅で正方形に切り使用すると、ワインのラッピングにちょうど良い大きさです。

ラッピング例は不織布を用いましたが、不織布も厚さが様々でタックを寄せていくと、ぼてっとして見かけが悪くなる時があります。自分のテクニックに合った包装紙選びも大切です。

ラッピング例ではビンの前側・後ろ側と分けてタックを寄せる方法をご紹介しましたが、ビンの胴周りを一定方向にぐるっと1周タックを寄せる方法もあります。ここで注意することは、折ったタックはビンの胴周りを1周するまでビンの首でしっかり押さえること。せっかくの努力が無駄になります。

以前、私が良く失敗していたのですが、タックを寄せることで力が入り、最初中心に置いたはずのビンが移動し、裏側にタックを寄せる頃には包装紙が狭くなっていることがありました。ビンの胴周りに均一な幅と長さのタックを寄せた方が、できあがりもきれいですが、最初は前後・左右ビンの首に包装紙の立ち上がりをテープなどで固定し練習されてみてはいかがでしょう。

また、タックを寄せビンの首にワイヤーなどで一度仮結びをしてリボンを結びます。ワイヤーが気になられる方は、リボンを結んだ後にワイヤーを取り除けば良いのですが、リボンをギュッと結ばないとせっかくのタックが崩れますので気をつけてください。ワイヤーがない場合は輪ゴムで仮結びの代用ができます。リボンを結んだ後ハサミで切って取り除いてください。